本サイト(記事)はアフィリエイト広告を含みます

【画像つき】ダイヤモンドフォーメーションのトレード活用法や注意点を解説

ダイヤモンドフォーメーションについて詳しくなりたい

トレードでの使い方を教えて!

ダイヤモンドフォーメーションは、トレンド転換orトレンド継続するときに出現するチャートパターンです。

本記事では、ダイヤモンドフォーメーションをトレードで活用するための知識や注意点を紹介します。

目次(おすと飛べるよ)

ダイヤモンドフォーメーションとは?

画像作成に使用:TradingView

ダイヤモンドフォーメーションとは、トレンド転換orトレンド継続のサインとして活用できるチャートパターンです。

買い勢力と売り勢力がぶつかっていて、相場が不安定な状態であり、方向性が定まっていないことが特徴。

ダイヤモンドのような形(菱形)をしていて、天井圏や底値圏で出現する確率が高いと言われています。

逆三角形三角保ち合いがセットになった形とも言えますね。

あわせて読みたい
【画像つき】ブロードニングフォーメーション(逆三角形)のトレード活用法や注意点を解説 この記事でわかること ブロードニングフォーメーションとは? エントリーポイント 注意点 ブロードニングフォーメーションについて詳しくなりたいトレードでの使い方を...
あわせて読みたい
【画像あり】三角保ち合いのエントリーポイントや注意点(だまし)を解説【アセトラ・ディセトラ】 この記事でわかること 三角保ち合いとは? ペナントとは? アセンディングトライアングルとは? ディセンディングトライアングルとは? 三角保ち合いについて詳しくなり...

上昇ダイヤモンドフォーメーションとは?

画像作成に使用:TradingView

上昇ダイヤモンドフォーメーションとは、最終的に上へブレイクしていくパターンになります。

トレンド継続型の上昇ダイヤモンドフォーメーションは、上昇トレンドの途中で出現しやすく、まだ上昇トレンドが継続するサインです。

トレンド転換型の上昇ダイヤモンドフォーメーションは、底値圏で出現しやすく、下降トレンドから上昇トレンドへ転換するサインになります。

エントリーポイント

画像作成に使用:TradingView

ダイヤモンドフォーメーションをブレイクしたら買いエントリー。

または、戻しを待って買いエントリーする選択もあります。

決済ポイント

画像作成に使用:TradingView

決済ポイントの目安は、教科書や投資系サイトを見ると3つあります。

  • ダイヤモンドフォーメーションの最高値付近
  • ダイヤモンドフォーメーションの縦幅を真ん中から同じ分伸ばした付近
  • ダイヤモンドフォーメーションの縦幅を最高値から同じ分伸ばした付近

決済ポイントは、チャート形状や値動きの勢いなどを見て、その時々で判断しましょう。

損切りポイント

画像作成に使用:TradingView

損切りポイントは、サポートラインを下に割ったところです。

または、ダイヤモンドフォーメーションの最安値で引いた水平線になります。

損切りポイントを抜たら、サクッと損切りましょう。

損切りポイントを割ると相場参加者は、上目線から下目線に切り替えて、ポジションを損切るか、売りエントリーをしてくるので、相場が下降する可能性があります。

なので、大損しないために必ず損切りしてください。

下降ダイヤモンドフォーメーションとは?

画像作成に使用:TradingView

下降ダイヤモンドフォーメーションとは、最終的に下へブレイクしていくパターンになります。

トレンド継続型の下降ダイヤモンドフォーメーションは、下降トレンドの途中で出現しやすく、まだ下降トレンドが継続するサインです。

トレンド転換型の下降ダイヤモンドフォーメーションは、天井圏で出現しやすく、上昇トレンドから下降トレンドへ転換するサインになります。

エントリーポイント

画像作成に使用:TradingView

ダイヤモンドフォーメーションをブレイクしたら売りエントリー。

または、戻しを待って売りエントリーする選択もあります。

決済ポイント

画像作成に使用:TradingView

決済ポイントの目安は、教科書や投資系サイトを見ると3つあります。

  • ダイヤモンドフォーメーションの最安値付近
  • ダイヤモンドフォーメーションの縦幅を真ん中から同じ分伸ばした付近
  • ダイヤモンドフォーメーションの縦幅を最安値から同じ分伸ばした付近

決済ポイントは、チャート形状や値動きの勢いなどを見て、その時々で判断しましょう。

損切りポイント

画像作成に使用:TradingView

損切りポイントは、レジスタンスラインを上に超えたところです。

または、ダイヤモンドフォーメーションの最高値で引いた水平線になります。

損切りポイントを抜たら、サクッと損切りましょう。

損切りポイントを抜けると相場参加者は、下目線から上目線に切り替えて、ポジションを損切るか、買いエントリーをしてくるので、相場が上昇する可能性があります。

なので、大損しないために必ず損切りしてください。

ダイヤモンドフォーメーションの注意点

ダイヤモンドフォーメーションは、トレンド転換率7割と言われていて、天井圏や底値圏で出現しやすいです。

しかし、7割という高めの確率を過信せず、トレンドが継続する場合があることも忘れずにいましょう。

そしてダイヤモンドフォーメーションは、教科書通りのキレイな形で出現することが少なく、相場参加者に気づかれないことが多々あるチャートパターンなので、何となくでダイヤモンドフォーメーションだと決めつけるのはやめよう。

自分だけじゃなく、多くの相場参加者がダイヤモンドフォーメーションだと気づけると思った時だけ、エントリー根拠にしてください。

また、ダイヤモンドフォーメーションは、相場が不安定で方向性を失っているときに出現するチャートパターンなので、エントリーのサインで使わず、変な難しい相場でエントリーしない守り知識の1つとして、頭に入れておくだけでもいい気がします。

まとめ

ダイヤモンドフォーメーションは、買い勢力と売り勢力がぶつかり、相場が不安定な状態で、方向性が定まっていない天井圏や底値圏で出現しやすいチャートパターンです。

トレンド転換orトレンド継続のサインとして見ることができます。

自身でも、ダイヤモンドフォーメーションが出現したら、どんな値動きをするのか実際のチャートで確認してみましょう。

また、ダイヤモンドフォーメーションだけを根拠にエントリーするのは優位性が低いので、他の根拠も掛け合わせるようにしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(おすと飛べるよ)