本サイト(記事)はアフィリエイト広告を含みます

【画像あり】ダブルトップ・ダブルボトムとは?エントリーポイントや損切り、だましを解説

ダブルトップ・ダブルボトムについて詳しくなりたい

トレードでの使い方を教えて!

ダブルトップ・ダブルボトムは、相場が転換するときに多く現れるチャートパターンです。

本記事では、ダブルトップ・ダブルボトムをトレードで活用するための知識や注意点を紹介します。

目次(おすと飛べるよ)

ダブルトップとは?

画像作成に使用:TradingView

ダブルトップとは、上昇トレンドの終わりに現れやすいチャートパターンで、アルファベットの「M」みたいな形をしています。

基本的には、上昇トレンドから下降トレンドに転換するサインです。

上昇を続けていた相場が1度下がり、また上に挑戦するも、高値を超えられず下がっていくとダブルトップになります。

ダブルボトムとは?

画像作成に使用:TradingView

ダブルボトムとは、下降トレンドの終わりに現れやすいチャートパターンで、アルファベットの「W」みたいな形をしています。

基本的には、下降トレンドから上昇トレンドに転換するサインです。

下降を続けていた相場が1度上がり、また下に挑戦するも、安値を超えられずに上がっていくとダブルボトムになります。

ダブルトップ・ダブルボトムのエントリーポイント

エントリーポイント
  • ネックラインを抜けたらエントリー
  • ネックラインを抜けて戻ったらエントリー

①ネックラインを抜けたらエントリー

画像作成に使用:TradingView

ダブルトップ(左)は、ネックラインを下に抜けたらエントリー。

ダブルボトム(右)は、ネックラインを上に抜けたらエントリー。

ネックラインを抜けると、抜けた方向に相場が伸びやすいので、しっかり抜けを確認してからエントリーします。

基本的に、直近の高値安値からネックラインまでと同じ値幅分、ネックラインを抜けた方向に相場が伸びるので、利確ポイントにしよう。

②ネックラインを抜けて戻ったらエントリー

画像作成に使用:TradingView

ダブルトップ(左)は、ネックラインを下に抜けて、再びネックラインに戻ってきた所をエントリー。

ダブルボトム(右)は、ネックラインを上に抜けて、再びネックラインに戻ってきた所をエントリー。

ネックラインを抜けてすぐエントリーするよりも、ネックラインに戻ってきてからのエントリーの方が、方向性を確認した後なので、だましにあいにくいです。

抜けてすぐのエントリーは、抜けたと思いきや抜け切らずに戻ってきちゃう場合があるので、ネックラインを抜けて戻ったらエントリーの方が低リスク。

ダブルトップ・ダブルボトムの損切りポイント

画像作成に使用:TradingView

損切りポイントは、基本的にダブルトップ(左)がてっぺん。

ダブルボトム(右)は、底です。

人によっては、この損切りポイントよりも少し上に下に余裕を持たせる場合があります。

損切りポイントを抜けたら、サクッと損切りしましょう。

損切りポイントを抜けると、相場参加者はエントリーしたポジションを基本的に損切りするので、さらに上昇・下降していきます。

なので、大損しないために損切りは必ずした方がいいです。

ダブルトップ・ダブルボトムの注意点(だまし)

画像作成に使用:TradingView

ダブルトップ・ダブルボトムは、相場転換のサインや買い売りのサインとして見れますが、必ずしもセオリー通りに動くわけではありません。

ネックラインを抜けたと思いきや戻ってくる「だまし」と言うものがあります。

なので、ネックラインを抜けたから確実に上がる下がると考えず、もしものことを考えて損切り位置を決めておきましょう。

また、無理やりこれはダブルトップ・ダブルボトムだと判断せず、相場参加者の多くが気づけるぐらいキレイで分かりやすい形のときだけ、トレード根拠にした方が優位性高いです。

ダブルトップ・ダブルボトムまとめ

ダブルトップ・ダブルボトムは、相場が転換するサインや買い売りのサインとして活用することができます。

しかし、ダブルトップ・ダブルボトムだけを根拠にエントリーすると、優位性が低く、だましにあう場合もあるので、他の根拠も見つけたときにエントリーしましょう。

ぜひ、実際のチャートでダブルトップ・ダブルボトムを探してみてください!

キレイにダブルトップ・ダブルボトムの形が作られている場合の方が、セオリー通りに動きやすいので注目してみてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(おすと飛べるよ)