本サイト(記事)はアフィリエイト広告を含みます

ダウ理論とは?6つの基本法則を解説!

目次(おすと飛べるよ)

ダウ理論とは?

ダウ理論とは、アメリカのジャーナリスト・証券アナリストであったチャールズ・ヘンリー・ダウが提唱した相場理論です。

元々は、株式市場の分析において使われてきた理論ですが、FXでも充分に使える理論として多くのトレーダーが活用しています。

また、多くのテクニカル分析の元になっているので、必ず知っておくべき理論です。

ダウ理論は6つの基本法則からなっているので、それぞれ解説していきます。

ダウ理論の6つの基本法則

  • 価格は全ての事象を織り込む
  • トレンドは3種類ある
  • トレンドは3段階からなる
  • 平均は相互に確認される必要がある
  • トレンドは出来高でも確認できる
  • トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

①価格は全ての事象を織り込む

  • 経済指標
  • 金融政策
  • 戦争
  • テロ
  • 自然災害
  • 相場参加者の売買

など全ての事象は価格に反映されていると考えます。

相場の価格は全ての事象から影響を受けて形成される需要と供給のバランスが変わり日々変動しているんです。

なのでダウ理論では、全ての事象を織り込んだ現在の価格を表示しているチャートを分析することが、これからの値動きを予測する上で超重要とされています。

②トレンドは3種類ある

ダウ理論において、相場には3種類のトレンドがあるとされています。

長期トレンド1年から数年続くトレンド
中期トレンド3週間から3ヶ月続くトレンド
短期トレンド3週間未満のトレンド

調べた感じこの期間で書かれてるのが多かったです。サイトや人によって違ったので参考程度に。

③トレンドは3段階からなる

ダウ理論において、相場には3段階のトレンドがあるとされています。

  • 先行期
    →一部の投資家が底値での買いや天井での売りをすることで、価格に緩やかな動きが出てくる時期。
  • 追随期
    →相場の動きを見て追随し売買する投資家が増えて、急激な価格変動が起きやすくなる時期。
  • 利食期
    →先行期にエントリーしていた投資家が利益確定する時期。トレンドの終わりを迎える時期でもある。

④平均は相互に確認される必要がある

トレンドを精度高く判断するには、取引する通貨ペアだけでなく相関関係にある通貨ペアも確認する必要があるとダウ理論では言われています。

例えば、ドル円を取引しているなら相関関係のあるユーロドルも見ようってことです。

1つの通貨ペアだけでトレンドを判断せず、相関関係のある通貨ペアも見てトレンドを判断することが重要だとされます。

⑤トレンドは出来高でも確認できる

出来高とは、ある期間に成立した取引量のこと。

市場が活発に動いているか判断するのに使えます。

出来高は、株式投資だと確認できますが、FXの場合は正確に把握するのが難しいので、FXなら出来高は基本的に考えなくてOKです。

⑥トレンドは明確な転換サインが出るまで継続する

ダウ理論では、トレンドは明確な転換サインが出ない限り継続するとされています。

画像作成に使用:TradingView

上昇トレンドなら高値と安値が共に切り上がっている状態。

高値を更新せず、前回安値を下に割ったらトレンド転換のサインです。

画像作成に使用:TradingView

下降トレンドなら高値と安値が共に切り下がっている状態です。

安値を更新せず、前回高値を上に超えていったらトレンド転換のサインになります。

ダウ理論まとめ

ダウ理論を知っておけば、相場の方向性に沿ったエントリーがしやすくなります。

ダウ理論を知らない状態だと、トレンドに逆らった優位性の低いエントリーをしてしまうことが多々あるので、必ず覚えておきたい理論です。

ぜひ、自身でも実際のチャートでダウ理論を意識して観察してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(おすと飛べるよ)