本サイト(記事)はアフィリエイト広告を含みます

【画像あり】ソーサートップ・ソーサーボトムのエントリーポイントや損切り、注意点を解説

ソーサートップ・ソーサーボトムについて詳しくなりたい

トレードでの使い方を教えて!

ソーサートップ・ソーサーボトムは、トレンド転換するときに出現しやすいチャートパターンです。

ソーサーとは、受け皿のこと。

本記事では、ソーサートップ・ソーサーボトムをトレードで活用するための知識や注意点を紹介します。

目次(おすと飛べるよ)

ソーサートップとは?

画像作成に使用:TradingView

ソーサートップとは、上昇トレンドの終わりに天井圏で出現しやすいチャートパターンです。

上昇トレンド中の出現なら、下降トレンドに転換するサイン

下降トレンド中の出現なら、下降トレンドの継続サインとして見れます。

ソーサートップは、買い派・売り派が同じくらいいて方向性が定まらず、上げ下げを繰り返しネックラインを割ることで、溜まったパワーを放出して大きく下降するのが特徴。

エントリーポイント①

画像作成に使用:TradingView

ネックラインを下に抜けたらエントリー。

ネックラインは、ソーサートップが作られる起点になった安値に引きます。

ネックラインを抜けると、抜けた方向に相場が伸びやすいので、しっかり抜けを確認してからエントリーしましょう。

エントリーポイント②

画像作成に使用:TradingView

ネックラインを下に抜けて、再びネックラインに戻ってきた所をエントリー。

今までサポートラインになっていたネックラインを下に割った後、レジスタンスラインとして機能する場合があるので、エントリーの狙い目になります。

また、ネックラインを抜けてすぐエントリーするよりも、ネックラインに戻ってきてからのエントリーの方が、方向性を確認した後なので、だましにあいにくいでしょう。

損切りポイント

画像作成に使用:TradingView

あくまで目安ですが損切りポイントは、ソーサートップの高値を超えたところです。

ソーサートップは、損切り・決済のポイントを決めるのが難しいので、他チャートパターンや意識されてる水平線などがあったら活用しましょう。

決めた損切りポイントを抜けたら、大損しないためにサクッと損切りしてください。

ソーサーボトムとは?

画像作成に使用:TradingView

ソーサーボトムとは、下降トレンドの終わりに底値圏で出現しやすいチャートパターンです。

下降トレンド中の出現なら、上昇トレンドに転換するサイン

上昇トレンド中の出現なら、上昇トレンドの継続サインとして見れます。

ソーサーボトムは、買い派・売り派が同じくらいいて方向性が定まらず、上げ下げを繰り返しネックラインを割ることで、溜まったパワーを放出して大きく上昇するのが特徴。

エントリーポイント①

画像作成に使用:TradingView

ネックラインを上に抜けたらエントリー。

ネックラインは、ソーサーボトムが作られる起点になった高値に引きます。

ネックラインを抜けると、抜けた方向に相場が伸びやすいので、しっかり抜けを確認してからエントリーしましょう。

エントリーポイント②

画像作成に使用:TradingView

ネックラインを上に抜けて、再びネックラインに戻ってきた所をエントリー。

今までレジスタンスラインになっていたネックラインを上に抜けた後、サポートラインとして機能する場合があるので、エントリーの狙い目になります。

また、ネックラインを抜けてすぐエントリーするよりも、ネックラインに戻ってきてからのエントリーの方が、方向性を確認した後なので、だましにあいにくいでしょう。

損切りポイント

画像作成に使用:TradingView

あくまで目安ですが損切りポイントは、ソーサーボトムの安値を超えたところです。

ソーサーボトムは、損切り・決済のポイントを決めるのが難しいので、他チャートパターンや意識されてる水平線などがあったら活用しましょう。

決めた損切りポイントを抜けたら、大損しないためにサクッと損切りしてください。

ソーサートップ・ソーサーボトム注意点

ソーサートップ・ソーサーボトムは、主にトレンド転換のサインと言われていますが、必ずしもセオリー通りに動くわけではありません。

ネックラインを抜けたと思いきや戻ってきてトレンド転換しない「だまし」があります。

なので、ネックラインを抜けたから確実に下がる上がると考えず、もしものことを考えて損切り位置を決めておこう。

また、ソーサートップ・ソーサーボトムは短期足で出現しても微妙でセオリー通りの動きをしにくく、長期足の方が信頼度高いので、エントリー根拠にするなら長期足で出現した時のみ使った方がいいですね。

ソーサートップ・ソーサーボトムまとめ

ソーサートップ・ソーサーボトムは、主にトレンド転換やエントリーのサインとして活用できます。

ただし、ソーサートップ・ソーサーボトムだけを根拠にエントリーすると、優位性が低く、だましにあう場合もあるので、他の根拠も見つけたときにエントリーしましょう。

ぜひ、自身でも実際のチャートでソーサートップ・ソーサーボトムを探してみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(おすと飛べるよ)