本サイト(記事)はアフィリエイト広告を含みます

【画像あり】三角保ち合いのエントリーポイントや注意点(だまし)を解説【アセトラ・ディセトラ】

三角保ち合いについて詳しくなりたい

トレードでの使い方を教えて!

三角保ち合いは、買い・売りが張り合っているときに現れるチャートパターンです。

本記事では、三角保ち合いをトレードで活用するための知識や注意点を紹介します。

目次(おすと飛べるよ)

三角保ち合いとは?

画像作成に使用:TradingView

三角保ち合いは基本的に、買い・売りが張り合って、だんだんと上下の幅がせまくなっていき、高値同士と安値同士で線を引くと、三角形になるチャートパターン。

その後、高値か安値どちらかのラインを抜けていった方向に相場が大きく動きやすいです。

三角保ち合いには3パターンあるので、それぞれ紹介します。

三角保ち合い3種類
  • ペナント
  • アセンディングトライアングル
  • ディセンディングトライアングル

ペナントとは?

画像作成に使用:TradingView

ペナントとは、買い・売りが張り合って、だんだんと上下の幅がせまくなっていき、高値同士と安値同士で線を引くと、三角形になるチャートパターンです。

ペナントは、トレンド継続のサインを示すと言われていますが、どっち方向にも動きます。

上か下どちらかに抜けた方向へ大きく相場が動いていきやすいです。

ペナントのエントリーポイント2つ

画像作成に使用:TradingView

ペナントのエントリーポイント1つ目は、ブレイクしたところです。

ペナントは、ブレイクした方向へ一気に大きく相場が動くので、ブレイクしたところでエントリーがおすすめ。

ペナントのエントリーポイント2つ目は、ブレイクしてラインに戻ってきたところです。

ブレイクしてすぐのエントリーよりも、ラインに戻ってからのエントリーの方が、だましにあいにくく低リスク。

アセンディングトライアングルとは?

画像作成に使用:TradingView

アセンディングトライアングルとは、高値のレジスタンスラインと上昇トレンドラインによって、三角形になるチャートパターンです。

アセトラは、高値を何度も超えられずにいますが、買いが強く安値を切り上げ続けているので、上にブレイクする確率が高いと言われています。

上にブレイクする確率が高いだけであって、下にブレイクすることも普通にあるので注意しましょう。

アセトラのエントリーポイント2つ

画像作成に使用:TradingView

アセトラのエントリーポイント1つ目は、ブレイクしたところです。

ブレイクした瞬間にエントリーすると、だましにあう可能性がありますが、セオリー通り上にブレイクしていった時、大きく利幅を狙えます。

アセトラのエントリーポイント2つ目は、ブレイクしてラインに戻ってきたところです。

ブレイクしてすぐのエントリーよりも、ラインに戻ってからのエントリーの方が、だましにあいにくく低リスク。

ディセンディングトライアングルとは?

画像作成に使用:TradingView

ディセンディングトライアングルとは、安値のサポートラインと下降トレンドラインによって、三角形になるチャートパターンです。

ディセトラは、安値を何度も下回れずにいますが、売りが強く高値を切り下げ続けているので、下にブレイクする確率が高いと言われています。

下にブレイクする確率が高いだけであって、上にブレイクすることも普通にあるので注意しましょう。

ディセトラのエントリーポイント2つ

画像作成に使用:TradingView

ディセトラのエントリーポイント1つ目は、ブレイクしたところです。

ブレイクした瞬間にエントリーすると、だましにあう可能性がありますが、セオリー通り下にブレイクしていった時、大きく利幅を狙えます。

ディセトラのエントリーポイント2つは、ブレイクしてラインに戻ってきたところです。

ブレイクしてすぐのエントリーよりも、ラインに戻ってからのエントリーの方が、だましにあいにくく低リスク。

三角保ち合いの注意点(だまし)

三角保ち合いをエントリータイミングとして見れますが、必ずしもセオリー通りに動くわけではありません。

上または下に1度ブレイクしても、すぐに戻ってくる「だまし」と言うものがあります。

なので、だましにあわない為に以下を確認してみてください。

  • 重要なサポートラインか?
  • 重要なレジスタンスラインか?
  • もともと意識されている転換点か?
  • 上位足のトレンドに逆らっていないか?
  • 多くの相場参加者が気づける三角保ち合いか?

これらを確認することで、だましを回避できるかもしれません。

また、もしもの時を考えて、損切りもするようにしましょう。

三角保ち合いまとめ

三角保ち合いは、エントリータイミングとして活用できます。

しかし、三角保ち合いだけを根拠にしたエントリーは優位性が低く、だましにあう確率が高いので、他の根拠も掛け合わせるようにしましょう。

ぜひ、実際のチャートで三角保ち合いを探してみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(おすと飛べるよ)