本サイト(記事)はアフィリエイト広告を含みます

【画像あり】トリプルトップ・トリプルボトムのエントリーポイントや損切り、注意点を解説

トリプルトップ・トリプルボトムについて詳しくなりたい

トレードでの使い方を教えて!

トリプルトップ・トリプルボトムは、相場がトレンド転換するときに出現しやすいチャートパターンです。

本記事では、トリプルトップ・トリプルボトムをトレードで活用するための知識や注意点を紹介します。

目次(おすと飛べるよ)

トリプルトップとは?

画像作成に使用:TradingView

トリプルトップとは、上昇トレンドの終わりに出現しやすいチャートパターンです。

基本的には、上昇トレンドから下降トレンドに転換するサイン

同じ価格帯で3つ高値をつけた後、安値で引いたネックラインを下に抜けることで、トリプルトップになります。

エントリーポイント①

画像作成に使用:TradingView

ネックラインを下に抜けたらエントリー。

ネックラインを抜けると、抜けた方向に相場が伸びやすいので、しっかり抜けを確認してからエントリーします。

エントリーポイント②

画像作成に使用:TradingView

ネックラインを下に抜けて、再びネックラインに戻ってきた所をエントリー。

ネックラインを抜けてすぐエントリーするよりも、ネックラインに戻ってきてからのエントリーの方が、方向性を確認した後なので、だましにあいにくいです。

抜けてすぐのエントリーは、抜けたと思いきや抜け切らずに戻ってきちゃう場合があるので、ネックラインを抜けて戻ったらエントリーの方が低リスク。

損切りポイント

画像作成に使用:TradingView

損切りポイントは、トリプルトップの高値を超えたところです。

または、再びネックラインの上に戻ってきたところで損切りする場合もあります。

損切りポイントを抜けたら、サクッと損切りしましょう。

損切りポイントを抜けると相場参加者は、まだ上昇する可能性があると考え、ポジションを損切るか、買いエントリーをしてくるので、相場が上昇する可能性があります。

なので、大損しないために必ず損切りしましょう。

トリプルボトムとは?

画像作成に使用:TradingView

トリプルボトムとは、下降トレンドの終わりに出現しやすいチャートパターンです。

基本的には、下降トレンドから上昇トレンドに転換するサイン

同じ価格帯で3つ安値をつけた後、高値で引いたネックラインを上に抜けることで、トリプルボトムになります。

エントリーポイント①

画像作成に使用:TradingView

ネックラインを上に抜けたらエントリー。

ネックラインを抜けると、抜けた方向に相場が伸びやすいので、しっかり抜けを確認してからエントリーします。

エントリーポイント②

画像作成に使用:TradingView

ネックラインを上に抜けて、再びネックラインに戻ってきた所をエントリー。

ネックラインを抜けてすぐエントリーするよりも、ネックラインに戻ってきてからのエントリーの方が、方向性を確認した後なので、だましにあいにくいです。

抜けてすぐのエントリーは、抜けたと思いきや抜け切らずに戻ってきちゃう場合があるので、ネックラインを抜けて戻ったらエントリーの方が低リスク。

損切りポイント

画像作成に使用:TradingView

損切りポイントは、トリプルボトムの安値を下に抜けたところです。

または、再びネックラインの下に戻ってきたところで損切りする場合もあります。

損切りポイントを抜けたら、サクッと損切りしましょう。

損切りポイントを抜けると相場参加者は、まだ下降する可能性があると考え、ポジションを損切るか、売りエントリーをしてくるので、相場が下降する可能性があります。

なので、大損しないために必ず損切りしましょう。

トリプルトップ・トリプルボトム注意点(だまし)

画像作成に使用:TradingView

トリプルトップ・トリプルボトムは、トレンド転換のサインとして見れますが、必ずしもセオリー通りに動くわけではありません。

ネックラインを抜けたと思いきや戻ってくる「だまし」と言うものがあります。

なので、ネックラインを抜けたから確実に下がる上がると考えず、もしものことを考えて損切り位置を決めておこう。

また、無理やりこれはトリプルトップ・トリプルボトムだと判断せず、相場参加者の多くが気づけるぐらいキレイで分かりやすい形のときだけ、トレード根拠にした方が優位性高いです。

トリプルトップ・トリプルボトムまとめ

トリプルトップ・トリプルボトムは、トレンド転換やエントリーのサインとして活用できます。

しかし、トリプルトップ・トリプルボトムだけを根拠にエントリーすると、優位性が低く、だましにあう場合もあるので、他の根拠も見つけたときにエントリーしましょう。

ぜひ、自身でも実際のチャートでトリプルトップ・トリプルボトムを探してみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(おすと飛べるよ)