本サイト(記事)はアフィリエイト広告を含みます

【画像あり】ウェッジのエントリーポイントや損切り、注意点(否定パターン)を解説

ウェッジについて詳しくなりたい

トレードでの使い方を教えて!

ウェッジは、トレンド継続orトレンド転換するときに出現するチャートパターンです。

本記事では、ウェッジをトレードで活用するための知識や注意点を紹介します。

目次(おすと飛べるよ)

ウェッジとは?

画像作成に使用:TradingView

ウェッジとは、トレンド継続orトレンド転換のサインとして活用できるチャートパターンです。

高値と安値を切り上げながら(切り下げながら)値幅が狭くなっていく形が特徴。

ウェッジには、上昇ウェッジと下降ウェッジがあるので、それぞれ紹介していきます。

上昇ウェッジとは?

画像作成に使用:TradingView

上昇ウェッジとは、高値と安値をだんだん切り上げて値幅が狭くなっていくチャートパターンです。

トレンド転換型の上昇ウェッジは、天井圏で出現しやすく、上昇トレンドから転換するサインになります。

トレンド継続型の上昇ウェッジは、下降トレンドの途中で出現しやすく、まだ下降トレンドが継続するサインです。

上昇ウェッジのエントリーポイント

画像作成に使用:TradingView

上昇ウェッジは、安値のトレンドラインをブレイクしたらエントリー。

または、意識されているラインor1個前の安値を抜けたらエントリーします。

上昇ウェッジの決済ポイント

画像作成に使用:TradingView

上昇ウェッジの決済ポイントは、ウォルフ波動を使うことで目安がわかります。

あわせて読みたい
【画像あり】ウォルフ波動の引き方やトレード活用法、注意点を解説 この記事でわかること ウォルフ波動とは? 上昇のウォルフ波動とは? 下降のウォルフ波動とは? ウォルフ波動の注意点 ウォルフ波動について詳しくなりたいトレードでの...

上昇ウェッジの損切りポイント

画像作成に使用:TradingView

上昇ウェッジの損切りポイントは、高値の少し上です。

損切りポイントを抜たら、サクッと損切りましょう。

損切りポイントを抜けると相場参加者は、下目線から上目線に切り替えて、ポジションを損切るか、買いエントリーをしてくるので、相場が上昇する可能性があります。

なので、大損しないために必ず損切りしてください。

下降ウェッジとは?

画像作成に使用:TradingView

下降ウェッジとは、高値と安値をだんだん切り下げて値幅が狭くなっていくチャートパターンです。

トレンド転換型の下降ウェッジは、底値圏で出現しやすく、下降トレンドから転換するサインになります。

トレンド継続型の上昇ウェッジは、上昇トレンドの途中で出現しやすく、まだ上昇トレンドが継続するサインです。

下降ウェッジのエントリーポイント

画像作成に使用:TradingView

下降ウェッジは、高値のトレンドラインをブレイクしたらエントリー。

または、意識されているラインor1個前の高値を超えたらエントリーします。

下降ウェッジの決済ポイント

画像作成に使用:TradingView

下降ウェッジの決済ポイントは、ウォルフ波動を使うことで目安がわかります。

あわせて読みたい
【画像あり】ウォルフ波動の引き方やトレード活用法、注意点を解説 この記事でわかること ウォルフ波動とは? 上昇のウォルフ波動とは? 下降のウォルフ波動とは? ウォルフ波動の注意点 ウォルフ波動について詳しくなりたいトレードでの...

下降ウェッジの損切りポイント

画像作成に使用:TradingView

下降ウェッジの損切りポイントは、安値の少し下です。

損切りポイントを抜たら、サクッと損切りましょう。

損切りポイントを抜けると相場参加者は、上目線から下目線に切り替えて、ポジションを損切るか、売りエントリーをしてくるので、相場が下降する可能性があります。

なので、大損しないために必ず損切りしてください。

ウェッジの注意点(否定パターン)

画像作成に使用:TradingView

トレンド転換型の下降ウェッジには、ウェッジから上に抜けて戻ってくる否定パターンがあります。

このパターンだとトレンド転換されず、戻しを待ってた下目線の相場参加者が売って、下降トレンドが継続されやすいです。

そして、トレンド転換型の上昇ウェッジには、ウェッジから下に抜けて戻ってくる否定パターンがあります。

このパターンでもトレンド転換されず、戻しを待ってた上目線の相場参加者が買って、上昇トレンドが継続されやすいです。

これらのウェッジ否定パターンが出現した場合は、トレンド転換型ウェッジのセオリー通りにならない可能性が高いので、注意しましょう。

ウェッジまとめ

ウェッジは、トレンド継続orトレンド転換のサインとして活用できるチャートパターンです。

そしてウェッジには、上昇ウェッジと下降ウェッジがあり、トレンド転換型・トレンド継続型があります。

なので、出現したウェッジが何のウェッジなのか気づけるように、実際のチャートで探して訓練しましょう!

また、ウェッジだけを根拠にしたエントリーは優位性が低く、だましにあう確率が高いので、他の根拠も掛け合わせるようにしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(おすと飛べるよ)